医療

骨粗鬆症の治療を受けて元気な体になろう|健康的な生活を送る為に

どんな病気なのか

看護師

人間の体は、いつ病気を抱えてもおかしくありません。その為、健康的な状態が続いても体調を崩してしまうと病気になってしまいます。それに、年を重ねると体は弱ってしまうので病気を抱えやすくなってしまいます。その病気の中には、骨粗鬆症や髄膜腫、糖尿病などといった病気があります。ぞれぞれの病気は、内科や外科などといったところで適切な治療を受けないといけません。透析などの治療を受けるとなれば、自宅療法だと病院へ通院しないといけないので送迎などのサービスもあります。このようにそれぞれの病気や治療内容によって、病院を選んだり、それぞれに必要なサービスを受けたりしないといけません。

骨粗鬆症という病気は、骨が弱くなってもろくなってしまうので折れやすくなりますし、折れても骨が元に戻るまで時間がかかります。この病気は、高齢の女性がかかりやすくて骨折してしまうと最悪の場合寝たきりの状態になってしまうこともあります。では、どういったことが原因で骨粗鬆症が発症してしまうのでしょうか。一番の原因は、カルシウムが吸収されないというのが大きな要因になります。カルシウムが骨に吸収されないと骨の新陳代謝が下がってしまい、バランスが崩れてしまって骨を生成するスピードが遅くなってしまいます。そうなると、骨は弱くなってしまって折れやすくなるのです。女性に多い理由としては、女性ホルモンが低下してしまうことで骨粗鬆症が発症すると言われています。ですから、閉経などが主な原因とも言われています。

骨粗鬆症の症状は、実は具体的な症状がないので骨粗鬆症になったかどうかは初期段階はありません。しかし、進行期になると腰の背部に痛みが表れます。この症状が出てくると、寝ている時に不快感や痛みを感じたり、体を前に屈ませることだけで痛みを感じたりなどといった症状が起こります。また、脊髄変形も起こってしまうことがあります。そうなれば、脊髄が圧迫骨折が起こってしまって身長が低下してしまって体のバランスが悪くなってしまいます。バランスが悪くなってしまうと転倒しやすくなりますし、食欲が無くなったり、急に起き上がれなくなったりします。こうなることで、長時間歩くことが困難になり、最悪の場合だと立ち上がることもできなくなります。ですから、体に異常が出てきたと感じたらすぐに専門の病院へ行って治療を受けましょう。これは、骨粗鬆症だけではなく他の病気でも言えることですから元気に過ごす為にも少しでも異変を感じたら病院へ行くという習慣は見つけておいたほうがいいのです。

体に異変を感じたら行こう

診察

体に異常を感じたら、治さないともっと悪化してしまうことがあります。ですから、城東区に住んでいるのなら体の症状に合わせて内科などの病院へ行って下さい。そうすることで、適切な治療を受けて体調を元に戻せるようになります。

View Detail

便利なサービス

看護師

透析治療を受けるとなれば、入院して行なうというイメージがあるでしょう。ですが、最近では自宅からでも透析治療を受けられるように医療施設は環境を整えてくれています。その中には、送迎サービスがあります。

View Detail

脳腫瘍の一つ

医者

髄膜腫は、脳腫瘍の中でも比較的多いと言われている腫瘍になります。しかし、この病気はあまり自覚症状が無い為、人間ドックや脳ドックで発見することが多いでしょう。ですから、定期的に検査は受けたほうがいいのです。

View Detail